犬を愛する人のお助け人、ワンコワークス

飼い主と犬ためのしつけ教室


 ご予約・お問い合わせは

 

0538-43-6590

または

お問合せフォーム

レッスン申し込みフォーム

 
しつけの前に
 
-
-
 
-
-
 
犬の知識
 
 
教室案内
 
 
おうちホテル
 
 
その他
 
 


これから犬を飼う方へ
犬を飼おう、と思い、このページにたどり着いてくださった方、飼う前のリサーチをして下さっているという事! 
先ずは、犬を飼う目的

何故犬が欲しいと思いますか? 愚問のようですが、犬を飼う前によーく考えてください。 目的をハッキリさせる事で、どんな犬が相応しいのかが明確になってきます。

例えば・・・

○ 健康のために毎日一緒に歩きたい
○ 一人暮らしで寂しいので、コンパニオンが欲しい
○ 今いる犬が寂しくないよう、2匹目を飼いたい
○ 子供が欲しがっている
○ 飼っていた犬が死んでしまったので、次の犬が欲しい   等・・・

ペットショップのガラスの向こうで、小さな丸い目をウルウルさせている姿は本当に可愛いものです。 しかし、衝動買いだけは止めてくださいね。  

言うまでも無いことですが、犬は十数年生きる動物です。結構長いですよ!犬は糞尿もします。毎日散歩に連れて行かなければなりません。旅行に行くときには、預け先を探さなければいけません。 十数年の間には、病気になることもあるでしょう。もしかしたら、問題行動を起こすかもしれない。色々な障害をクリアした上で、それでも犬が欲しい!そう思ったら、次ステップへ進んで下さい。

犬種

絶対にしてはいけないこと。それは、容姿だけで犬を選ぶこと。

それぞれの犬種には、性格的特徴があります。犬種の特徴、性質的な傾向、ニーズなどをしっかりと調査し、自分の生活スタイルにあった犬種を選ぶことが非常に重要です。

例えば、犬のために裂く時間の余裕があまり無い飼い主さんが、エネルギーに溢れたボーダー・コリーを飼うのは、フラストレーションから来る問題行動を待っているようなものです。

アパートで、お隣と薄い壁で繋がった家で、吠えるのが仕事のテリア系の犬を飼うのは、苦情を待っているようなもの。

綺麗好きで、塵一つが気になるおうちでは、ゴールデン・レトリバーや、ジャーマン・シェパードなどの、毛抜けが多い犬は、奥様のノイローゼを待つようなもの。

毎日一緒に運動をしたい飼い主さんは、ソファーでぐーすか寝るのが大好きなブルドッグは物足りないかもしれません。

どの犬種も、良いところもあれば、困ったところもあると思います。 困った部分も理解した上で飼えば、予防対策も早いうち立てることができます。

その時のブームや、一時の「可愛い!」という気持ちに流されず、現実をきちんと下調べしてから、自分のライフスタイルに合った犬種を選ぶようにしてください。

個体の性格

犬種としての性質も去ることながら、それぞれの性格も犬を決定する上での大きな要素。

「兄弟たちの中で一番元気の良いのを選ぶと良い」と、よく聞きますが、それが必ずしもあなたにとってベストな犬とは限りません。

犬を選ぶ際、全ては、「どんな目的に育てる犬なのか」がベースとなります。例えば、麻薬探知犬や介護犬など、仕事をする犬は、諦めないしぶとさや、何事にも怯まない勇敢な性質や自立心など、その仕事をする上で必要な性質を持っていることが重要です。

職業犬ではなく、またアジリティ犬や狩猟犬など、特別な性質を持ち合わせた犬を希望している場合を除き、一般的にペットとして扱い易い犬は、兄弟たちの中で、行動が中間〜控えめ寄りの個体です。

真っ先に駆け寄ってきて愛想を振りまく犬、兄弟たちを押しのけて元気いっぱい振舞う犬は、兄弟たちの中では、一番権勢本能が強い犬です。 つまり、家庭内で、ボスの座を主張する犬となる傾向が強いという事です。 

一方で、隠れて出てこないような、極度にシャイな個体は、後々人間界に慣れてゆく過程で、怖がりな体質が邪魔してスムーズに学習できない場合がありますので、避けたほうが良いでしょう。

極端な行動が無く、ごくごく中間的な個体、又は控えめ寄りの犬を選ぶと、服従心があり、訓練しやすい犬となるでしょう。

入手先

主に、犬を入手する先は3つ。それぞれの特徴、長所・短所をまとめてみました。

@ ペットショップ
特徴

大型チェーンから、個人経営の小さな店舗まで様々だが、近隣には必ずあるはず。 

ペットショップにも色々だけれど、なぜその犬を仕入れたのか、その犬が生まれたブリーダーの情報を把握しているか、販売中の犬のケアはどのようにしているのか、病気の保証等を調査し、信頼できるショップかどうかを見極めよう。

長所
・すぐに手に入る
・全国どこにでもある
短所
・母親や兄弟からの早すぎる離別
・大切な学習期間を、狭いケージの中で一人きりで過ごす
・不十分な社会化
・両親の性格や病歴などが分からない
・トイレのしつけがしづらい ( ケージの中での排泄に慣れてしまっているため)

@ ブリーダー
特徴

その犬種のことをよく研究し、よい犬の生産に情熱を傾けているブリーダーを探すことが重要。 ただ、売るためだけに、次々と子犬を生ませているようなブリーダーは、絶対にやめましょう。

母犬・父犬の性格や、何故その2匹を掛け合わせたのか、どんな子犬(性格・容姿など)を作ろうとしているのかを、きちんと説明できるブリーダーを探そう。

長所
・両親を見ることができる
・兄弟との比較ができる
・適齢まで母犬の元で育てられる
・珍しい犬種なども手に入る
短所
・子犬を売るためだけの、悪徳ブリーダーの存在
・数が少ないため、遠方となる場合が多い
・子犬が産まれるまで、待ち期間がある

@ レスキュー・グループ (成犬)
特徴

一度は捨てられた犬や、迷子になった犬などを保護し、新しい飼い主を探すボランティアをしているのが、レスキュー・グループ。

本来ならば、保健所で命を絶たれていたはずの犬を救うのは素晴らしい事。 犬種や容姿だけでなく、ボランティア団体から犬の性格や、これまでの経緯など、できるだけ沢山の情報を集めて、検討しよう。

長所

・不幸な犬を減らす、社会貢献
・安価
・子犬のドタバタ育児をスキップできる
・犬の性質が分かりやすい
・数が多い

短所
・過去のトラウマなどがある場合がある
・成長した環境などが分からない
・可愛い子犬期を育てられない
犬が来たら・・・

犬がやってきたその日から、リーダーシップを発揮して、立派な飼い主となってください!

特に気をつけて頂きたいのは、「望ましくない行動・精神状態」には、一切愛情を与えないこと。 例えば、新しい環境に足を踏み入れた犬がおびえていたとします。おびえている間は、犬の一切を無視してください。「大丈夫よ」と優しく抱きしめてあげたい気持ちはよーく分かります。特に、不幸な境遇をすごしてきた犬となれば、尚更愛情を注ぎたくなるのが人情というもの。しかし、ここは、犬のため、声を掛けない、触らないことを徹底してください。 犬が自分で周辺を探索し、落ち着いてきたら、そこで初めて優しい言葉を書け、触ってやるようにしてください。

特に、レスキュー・グループから不幸な境遇の犬を引き取った方は要注意です。犬の脳みそに届く3つのこと」でも書いていますが、犬は「今」を生きる動物。昨日、虐待を受けていても、犬は昨日のことは考えていません。昨日の出来事は、今日の精神状態に影響はしていても、その体験を引きずってはいません。 昨日を捨て、今を生きること。犬がそれをする為には、飼い主が、不幸だった昨日の犬を捨てることが必要なのです。

犬は、不安定な精神状態に愛情を注がれることで、その状態から抜け出すことができなくなります。 怖がり犬、ハイパー犬など、犬の精神状態が、落ち着いた状態にない犬は全て同じです。  望ましくない行動や精神状態愛情を与えないことを、心に刻んでください。

詳しくは、犬の愛し方をお読み下さい。

 

トップページ  免責事項  会社概要  リンク集
(c) All rights reserved Wancoworks 2007