犬を愛する人のお助け人、ワンコワークス

飼い主と犬ためのしつけ教室


 ご予約・お問い合わせは

 

0538-43-6590

または

お問合せフォーム

レッスン申し込みフォーム

 
しつけの前に
 
-
-
 
-
-
 
犬の知識
 
 
教室案内
 
 
おうちホテル
 
 
その他
 
 


トレーニンググッズ
リード
お散歩綱です。重すぎず、犬がしていることを忘れるような軽いものが望ましいです。私は、皮のリードが手になじみ、丈夫なので気に入って使用しています。
スリップリード  

これ1本で、首輪も兼ねることができるリードです。引っ張ると首が絞まるような構造になっています。 簡単に脱着が可能なため、攻撃的な犬を犬舎から出すときや、トレーニングなどに大活躍です。


タブリード

15cm程度のとっても短いリードです。室内などで首輪などに付けっぱなしにしておき、コマンドに従わなかったときのフォローアップなどに利用します。

ロングリード
オフリードの(引き綱なし)トレーニング段階で利用します。犬が「逃げれる!」と思っても、「実は長い綱がついていました!残念!・・・」と犬を騙す?のに大活躍。(笑)
ライトライン
ロングラインとコンセプトは同じですが、ロングラインよりも更に軽く、犬にとってオフリードの感覚に限りなく近い状態でトレーニングをするのに活躍します。
スリップカラー  <頻用アイテム!>

引っ張ると締まる仕組みになった首輪です。これを付ければ引っ張らなくなるわけではなく、この首輪をしても、訓練は必須です。

スリップカラーで引っ張ることに慣れてしまうと、その後の修正訓練が厄介ですので、使い方を知らない方は要注意!

チョークチェーン

引っ張ると締まる仕組みになった首輪です。これを付ければ引っ張らなくなるわけではなく、この首輪をしても、訓練は必須です。 

スリップカラーの金属版です。仕組みはスリップカラーと同じですが、刺激が強めになります。

ピンチカラー
一見虐待器具のように見えますが、犬にとっては、チョークチェーンよりも優しい首輪です。引っ張ると、複数の突起が、母犬の口と同じ刺激を犬に与えます。刺激が分散されるため、少しの力で、しっかりとしたメッセージを犬に送ることが可能です。「虐待なので使用してはいけない」と紹介しているサイトもありますが、仕組みをしっかり知った上で発言して欲しいものです。
グッド・ドッグ・カラー
ピンチ・カラーの効果をソフトにしたトレーニング首輪。利用方法や効果はピンチカラーと同様ですが、見た目がピンチカラーほど強烈ではないため、受け入れやすいかも?
ハーフチョーク
通常の首輪のように見えますが、引っ張ると締まる仕組みになっています。締まる限界を調整できるのが便利。首の太さに比べ、頭が小さいために、首輪抜けをしやすい、グレーハウンドなどの犬種の普段使いにも利用できます。
リモートカラー
リモコン式首輪。狩猟犬などのトレーニングでの利用が主ですが、「来い」などがどうしてもできない犬のしつけ訓練にも活躍します。 電気刺激を利用しています。 ワンコ・ワークスで利用しているものは、18段階の刺激を使い分けることができ、犬にとって、最低限の刺激でトレーニングをすることが出来ます。
フレキシリード(伸びるリード)
自動巻きとり式リード。犬が走り回っても、長いリードが絡まないので便利。 訓練ではあまり利用しませんが、リモート・カラーの初期ステップで時々活躍します。
クリッカー 

良いことをした瞬間にクリッカーを「パチン」と鳴らすことで、「そう、それでいいのよ!」というメッセージを犬に伝えます。 タイミングは、犬の訓練の重要事項! クリッカーありと無しでは、犬の学ぶスピードが断然違います。 ワンコ・ワークスの訓練では大活躍しています。

\500

おやつ 
ご褒美のおやつも重要!良いことをしたら、ご褒美を上げることで、「もっとやりたい!」とトレーニングを楽しいものにします。
おもちゃ  
遊ぶことが大好きな犬には、おやつのご褒美の代わりに、遊んであげることもあります。犬の大好きなタグ・トイ(引張りっこするおもちゃ)や、ボールは、トレーニングバッグの中にいつも入っています。
インタラクティブ・トイ(知育トイ)
知的刺激の少ない犬、留守番が多くて退屈している犬、破壊行動をする犬など、インタラクティブ・トイで何時間も知的刺激を与えてあげましょう。分離不安症の症状や、破壊行動に、これ一つで、驚くほど効果がでるケースもあります。
プラットフォームベッド  
「この上にいれば何をしててもいい」と教えることに使っています。高さがあることで、明確な「境界線」が犬にとって分かりやすいのが特徴です。来客時や、家族の食事時など、犬に邪魔されたくない時に、とても便利なしつけのツールとなります。
ケージ
ケージは、犬を閉じ込めるのが目的ではありません。 自分だけの守られたスペース、犬が落ち着ける場所がケージ。 飼い主さんのお出かけの時には、ケージの中で大人しくしていられるようになれば、外出中の破壊行動や、家からの脱走などを防ぐことができ、犬の安全も確保できます。
マズル
攻撃的な犬のトレーニングに利用することがあります。 トレーナーは防衛ハンドリングを身に付けてはいますが、極端なケースではマズルを利用します。また、攻撃的な犬の飼い主さんが、自信をもって、及び腰にならず犬を訓練できるように配慮するためにも利用することがあります。

注意:ネット上での販売は致しておりません。

 

 

トップページ  免責事項  会社概要  リンク集
(c) All rights reserved Wancoworks 2007