犬を愛する人のお助け人、ワンコワークス

飼い主と犬ためのしつけ教室


 ご予約・お問い合わせは

 

0538-43-6590

または

お問合せフォーム

レッスン申し込みフォーム

 
しつけの前に
 
-
-
 
-
-
 
犬の知識
 
 
教室案内
 
 
おうちホテル
 
 
その他
 
 


トレーナーごあいさつ
陣 志帆(じん しほ)

米国: 犬訓練・行動学専門家
日本: 愛玩動物飼養管理士(ペットケアアドバイザー)

こんにちは!ワンコワークスの代表、ドッグトレーナーの陣志帆と申します。(「日本語お上手ですねぇ」と良く言われますが、日本人です ^^;) トレーナーの仕事をしている位ですから想像がつくと思いますが、犬が好きで好きで、毎日犬のことばかり考えています。

トレーナーになる前は、別の仕事をしていましたが、暇さえあれば犬のことに思いをめぐらせ、保健所で死んでゆく犬たちに日々胸を痛め、なんとか出来ないものかとモンモンとしていました。 そんな時、1匹の犬と出会い、それがトレーナーの道への第一歩となりました。 そのエピソードは「トレーナーになった訳」をご参照下さい。

世界でも有数規模の犬訓練施設である、アメリカ、テキサス州のトリプル・クラウン・ドッグ・アカデミーで犬訓練・行動学専門家の資格を取得。 卒業後は同トリプル・クラウンの問題犬訓練部門でトレーナーとして働き、毎日20匹以上の犬たちを訓練してきました。訓練をしてきた犬の数では負けません!

トレーナーとしての毎日は、結構ハードです。 何か問題があってやってくる犬たちのトレーニングですから、一筋縄のしつけ訓練では上手くいかないことも度々。おヨダでデロデロになったり、オシッコひっかけられたり、アザ、擦り傷、切り傷、みみず腫れなどは日常のこと。トレーナーと言えど、たまには噛まれることもあります。私の「初噛まれ体験」は熊のように大きな秋田犬でした。(^^;) 今でも傷跡が残っています。

オフィスに座ってコーヒーを飲みながら・・・の仕事ではありません。ハードな仕事だと思いますが、毎日が楽しくて仕方がありません。噛まれた傷も、立派に飼い主さんの元へ帰っていった犬を思うと、トレーナーの勲章として誇らしく思います。

犬の問題行動の殆どは、飼い主が原因なのが事実。しかし、全ての飼い主さんが犬のプロな訳ではないのですから、最初は犬の扱いを知らなくて当然です。そんな飼い主さんたちが、知らないながらも、一生懸命犬に愛情を注ぎ、コミュニケーションをとろうとする、そんな姿を見るととても嬉しく、心がほんわかします。

私が小さかった頃、まだ日本では犬は外につないでおくのが当たり前でした。お座敷犬なんてどこかのお金持ちがやっていること、遠い世界のことでした。しかし、ペットブームの今、犬も人と一緒に家の中で暮らすことが多くなりました。 楽しい時も、悲しい時も時間を一緒に過ごし、犬との絆を深めることが出来るのは素晴らしいことだと実感しています。犬の表面的な問題を矯正するだけではなく、 飼い主と犬とのコミュニケーションラインを開き、お互いの関係をもっともっと良くするお手伝いができたら、この上ない幸せだと思います。

そして、それが、問題行動が原因で捨てられる犬を少しでも少なくする手助けになれば、と願っています。 今はまだ出来ていませんが、将来、保健所で殺されてゆく犬たちを救う、シェルターを作りたいと思っています。 それが実現する日まで、トレーナーとして、飼い主さんと犬の関係改善に全力を注いでゆきたいと思っています。

*オーナーは現在育児中のため、訓練はしておりません。ワンコ・ワークスに訓練をお申込みいただいた場合には、西川が担当いたします。ご了承くださいませ。


ワンコワークス 代表 陣 志帆

クエンティン・タランティーノ監督と

2007年公開の映画、「Death Proof "Grind House"」に、ワンコ・ワークスの犬、「バスコ」が出演。私もトレーナーとして撮影に参加してきました。(公開版では出演シーンはカットされました。(X_X)


シーザー・ミラン氏と。

アメリカ・ナショナル・ジオグラフィック・チャンネルで放送されている 「Dog Whisperer」のドッグ・サイコロジスト。 まるで犬みたいに、よく犬の事が分かる、すごい人です。

 
西川 明宏 (にしかわ あきひろ)

JKC公認訓練士
日本警察犬協会公認訓練士

浜松市内の高校を卒業後、埼玉にある日本訓練士養成学校へ入学。卒業後、三重県第一ドッグスクールにて修行。7年間住み込みで家庭犬のしつけ、警察犬の育成、管理・繁殖について学ぶ。

<訓練の基本的な方針>

元々、犬は感情で行動する生き物です。訓練を通じて、感情だけで行動せず、思考させることを教えます。それにより、様々な状況でも対応できるようにします。それにより、様々な状況でもきちんと対応できる犬にしてゆきます。

訓練ではくてもアジリティ競技でも、ボール遊びでも、毎日の生活でも、犬に考えさせ、リーダーシップを示すことができる練習方法があれば、日々の「しつけ」をするだけで犬は良い子になると思います。

「訓練」は、人と犬とのコミュニケーションのための一つのツール(道具)であり、一番直接的で実生活で活用できるので、「訓練」を使います。

犬に頭を使わせることは、とても重要です。訓練を通じ、犬に自分で思考することを教えることにより、感情だけで動くのではなく、自分で物事を判断できるようにしてゆきます。これにより、無駄吠えが減ったり、過度な興奮が減少します。

犬が「思考する」ことを覚え、頭が特なるにルれ、人間を見る目が養われるので、「この人のいう事は聞こう」「この人のいう事は聞かなくていいや}と人間を区別するようになります。

訓練中には、様々なシチュエーションがあります。その時、犬に対して正しい態度、支持を出すことができれば、人間(飼い主さん)は犬に対して自信を持つことができ、信頼することができます。

犬は人間のいう事を聞くことにより、従属的になり(素直になり)、その上で犬に対して愛情をもって接することにより、犬は「この人のいう事は聞こう」と思えるのです。それが、飼い主さんを尊敬することにつながります。

訓練の結果だけだけが大事ではないのです。しつけ・訓練を通じて人間と犬との関係性を良くしてゆく過程がとても大事なのです。

 

 

トップページ  免責事項  会社概要  リンク集
(c) All rights reserved Wancoworks 2007